合唱団募集に是非応募してみてください

学生時代に合唱部に所属していたので、その時代が懐かしくなり、また歌いたくなることがありました。社会人になり、合唱から離れていたとき、合唱団募集のチラシを見つけました。チラシを持ち帰った後、ぐずぐずと悩み、時間はかかりましたが、勇気を出して連絡しました。見学してみたところ、雰囲気もよく、何よりまた歌いたくなり、連絡するまで悩んだ割には、すぐに入団を決めました。その合唱団は、オペラの合唱曲を中心に歌っており、定期的にオペラや発表会を開いていました。練習は週1回で、音大声楽科出身の先生による指導を受けていました。団員の年齢は幅広く、高校生から年配の方、男女同じくらいの割合で所属していて、刺激があり、いろいろな話が聞けて面白かったです。オペラの舞台や発表会では、普段はなかなか着ることの出来ない衣装を着ることができ、舞台で歌う楽しさも経験できました。何より、団員は皆本当に歌うことが好きで、いつも歌っており、大勢で歌う楽しさをまた味わうことが出来ました。もし合唱団に興味を持っている方は是非、募集を見かけたら連絡してみてください。歌が好きな方は間違いなく楽しい経験が出来ます。

市の合唱団募集に応募したことがあります

以前、市の合唱団の募集に応募したことがあります。知り合いを作りたかったし、何より歌を歌う事が好きだったからです。ちょうど市からの配布物にその募集要項が載っていたので、早速応募してみる事にしました。ただ、実は審査の時に凄く緊張してしまった為、しっかりと歌う事が出来ずに審査自体は落ちてしまいました。歌う事自体は凄く好きだったのですが、人前に出るという事に当時は慣れていなかったというのが最大他の原因だったのでしょう。そこから2年程度は応募する事無く、じっと静かにしていました。また審査に落ちてしまったら悲しいからです。そしてその後、再び募集を見つけたので再応募してみました。審査自体は以前に比べると少しは緊張しなかったのか、今度は合格する事が出来ました。今はその市から引っ越してしまったので合唱団からは退団してしまいましたが、多くの人と一緒に歌った事は良い記憶です。

合唱団の募集と参加と趣味

合唱団というと年末のベートーベンの第九の合唱を日本人はイメージします。年末に合唱するということでは、ベートーベンの第九の合唱の部分は、日本だけの風習だそうで、海外ではメサイヤが演奏されるということでした。合唱団は見ているだけでも素晴らしいと感じますが、参加するともっと楽しいということで、合唱することの楽しさを体験してしまい、案外合唱を楽しんでいる人たちも多いようです。趣味としては合唱団に参加して歌を歌うということはストレスの発散にもなり、音楽を通して芸術作品を完成させるという楽しみ方もあり、満足感の高い趣味のひとつになります。また、ベテランになると色々な合唱団から引っ張りだこになり、いくつもの合唱団を掛け持ちにしている人もいます。健康的でもあり、充実した趣味として体験できるのも魅力のひとつです。募集もしていますので体験してみると良いかもしれません。

当社で営業している音楽教室はピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ボイストレーニングなどの教室を開講としていて、東京を対象エリアとしています。 各分野の一流の講師による質の高いレッスンにより、確実に上達するレッスンシステムです。 小さなお子様から大人まで、初心者から上級者まで、楽しく目標を持って学んでいただける総合音楽教室です。 合唱団の募集はイベント多数の「小林音楽教室」へ